DAVINA ROBINSON: BIO

"A musical powerhouse creating the perfect combination of rock and soul."

Davina Robinson is an American singer-songwriter based in Osaka, Japan. She has become known locally for her powerful, bluesy voice and energetic live performances.

Though a rock and blues singer at heart, Davina has displayed her versatility in a variety of genres, having played in many live situations as a front woman for cover bands and acoustic duos. She has also performed back-up vocals for Ray Parker Jr. and Cheryl Lynn, and has performed live on Japanese radio stations.

Davina began focusing on her original material, and released her first album, The Blazing Heart, in May 2008. The EP highlighted Davina's ability to merge rock, blues and funk, calling her approach "powerhouse rock n' roll soul". Songs from the EP, particularly "Making Love To Your Girlfriend", lead to accolades from the Billboard Song Contest and VH-1 Song of the Year Contest, among others. Davina supported the release with an acoustic tour of the Los Angeles area.

Davina released the digital single "Osaka Boys" two years later, and the track is featured on her first full-length album, Black Rock Warrior Queen, released November 2011. "Osaka Boys" has become an audience favorite at her live shows, including those at Hard Rock Cafe Osaka, where she performs regularly with her stellar lineup of support musicians. Shortly after the release of Black Rock Warrior Queen, Davina expanded her fan base by playing to receptive crowds in Tokyo and Yokohama, then followed up on the local popularity of "Osaka Boys" by releasing a promotional music video of the song.

Davina has also utilized her distinctive voice and personality for narration and television; past examples include a jingle for Osaka radio station FM-802, a local commercial for Mister Donuts, a nationwide bug spray commercial for the KINCHO company and occasional appearances on a Kansai-area morning TV show.

Davina continues to generate buzz with her powerful voice and energetic live performances, earning the Hiram Bullock Award in Fall 2012. Most recently, she became the Hard Rock Rising representative band for Osaka, a worldwide contest which began with over 12,000 entries and landed Davina in the Top 96, and won the Best Band Award at the 2013 Kansai Music Conference. Davina has taken her music and brand to a new level as the boundary-defying American woman rocking the Japanese independent music scene.
大阪を拠点にパワフルで熱いロック&ブルーズを聞かせる女性、ダヴィーナ・ロビンソンは、そのパワフルでブルージーな声と、熱いライブパフォーマンスで知られる、アメリカ人シンガーソングライター。


ロック、ブルースを基本に、多彩なジャンルで才能を発揮し、カバーバンドやアコースティック・デュオでのライブ活動、クラブやパーティ、イベントなどでの演奏を行う。複数のラジオ番組にも出演し、オリジナル曲を披露。また、レイ・ パーカーJr.、シェリル・リン等の関西公演にバックアップヴォーカルとして参加した実績もある。

 

オリジナル楽曲に注力するようになり、20085月にファースト・ミニアルバム「ザ・ブレイジング・ハート」をリリース。ロック、ブルースにファンクなテイストを交えたスタイルで熱い楽曲を聞かせるアプローチは、パワーハウス・ロックンロール・ソウルと呼ばれている。アルバム収録曲の「Making Love To Your Girlfriend」はビルボードソングコンテスト、VH-1ソングオブザイヤーコンテストなどで、数々の賞を受賞。アルバムリリースにあわせて、ロサンゼルス地区のライブハウスを回るアコースティックツアーも行った。

 

20105月、配信版シングル「Osaka Boys」をリリース、201111月には「Osaka Boys」を含むフルアルバム「Black Rock Warrior Queen」が発売になる。「Osaka Boys」はすばらしいサポートミュージシャンとともにハードロックカフェ大阪をはじめ各地でのライブでも人気曲となり、大阪の街を舞台にしたミュージックビデオも制作された。さらにアルバムリリース直後からは、東京、横浜など関東方面でもライブを実施、毎回多くの聴衆を集めている。

 

また、ライブ活動に加えて、大阪のラジオ局FM802の番組ジングル、ミスタードーナッツCM、ナレーションなどにも声が起用され、2012年にはKINCHOのテレビCMに本人が出演、センター役に抜擢されパワフルな声を披露、さらにABCテレビ「おはよう朝日」等にも出演するなど、活動の幅を広げた。

 

音楽面でも2012年秋「ハイラム・ブロック・アワード」受賞、2013年春、世界中のハードロックカフェで開催されるコンテスト「ハードロックライジング」にて12,000組以上の中からTOP 96バンドに勝ち残り、大阪店代表となり、2013年秋、関西ミュージックカンファレンスの「最優秀バンド賞」等、日本のインディーズシーンでロックするアメリカ人女性として、新たなレベルへ向かっている。

AWARDS / ACCOLADES

 
  • Best Band Award, Kansai Music Conference 2013
  • Hard Rock Rising, Hard Rock Cafe Osaka Grand Finale Winner 2013
  • The Hiram Bullock Music Award, Kansai Music Conference 2012
  • Top 10 Indie-Music.Com Classic Rock Charts, Oct. 2010: "Making Love To Your Girlfriend"
  • The Voice Award, Les Vignes D'Or, international singing competition, 2008
  • 15th Annual Billboard Song Contest, Honorable Mention: "Making Love To Your Girlfriend" (Top 500); "Conversations In My Head"
  • Great American Song Contest, Honor Award, 2008: "Making Love To Your Girlfriend"
  • UK Songwriting Contest, Semi-Finalist, 2008: "Making Love To Your Girlfriend"
  • VH-1 Song of the Year, Runner-up, June 2008: "Making Love To Your Girlfriend"
  • Toronto Exclusive Online Music Awards 2008, Nomination, Best International Rock Song: "Making Love To Your Girlfriend"
  • Garage Band Com Track Of The Day: "Conversations In My Head"
  • Garage Band Com Reviewers' Picks Awards Best Female Vocals: "Keeping Me Sane"
  • Garage Band Com Reviewers' Picks Awards Most Original Song: "Keeping Me Sane"
  • 11th Annual Billboard Song Contest, Honorable Mention: "Funky Chick," "Like a Woman," "Never Good Enough"
  • 2013年最優秀バンド賞、関西ミュージックカンファレンス
  • 2013年ハードロックライジング、ハードロックカフェ大阪代表
  • 2012年ハイラム・ブロック・ミュージック・アワード、関西ミュージックカンファレンス
  • 2010年10月インディーミュージックドットコム、クラシックロックチャートTop 10、"Making Love To Your Girlfriend"
  • 2008年レ・ヴィン・ドール国際大会、ベストボーカル
  • 第15回ビルボード・ソングコンテスト、優秀賞Top 500 "Making Love To Your Girlfriend"、"Conversations In My Head"
  • グレート・アメリカン・ソングコンテスト、優秀賞 "Making Love To Your Girlfriend"
  • UK作曲コンテスト、セミファイナル入選"Making Love To Your Girlfriend"
  • VH1「Song Of the Year」作曲コンテスト、入賞"Making Love To Your Girlfriend"
  • トロント・エクスクルーシブ・オンライン・ミュージック・アワードベスト・インターナショナル・ロック・ソングノミネート"Making Love To Your Girlfriend"
  • ガレージバンドドットコムトラック・オブ・ザ・デイ"Conversations In My Head"
  • ガレージバンドドットコム女性ボーカル賞、オリジナリティ賞"Keeping Me Sane"
  • 第11回ビルボード・ソングコンテスト、優秀賞:"Funky Chick", "Like a Woman", "Never Good Enough"
 

connect ネットワーク

join メール登録

Return to form

get the latest メールでライブ知らせ